花粉症について 

春になうと多くの人が頭を抱える花粉症は、今や日本人の4人に1人がかかっているアレルギーと考えられています。
特にスギやヒノキの花粉をアレルゲンとする花粉症は、くしゃみ、鼻水などの症状が出る病ですが、実態を詳細に知る人は思ったほどいないのではないでしょうか。

 

〇季節性アレルギー性鼻炎
花粉症の原因となる植物は、日本の中だけでも60種類もあると考えられています。スギやヒノキ、ブタクサ、シラカンバなどが一般的で、イネなどにアレルギー症状が出る人もいます。
春だけでなく、アレルゲンの原因となる植物の花粉が飛び散る季節により、1年中症状が出ることもあるのです。
一般的な症状ではくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどですが、症状の重さや種類は人それぞれです。
国民病と言ってもおかしくない花粉症は、一番被害が多い春のスギ花粉などの飛び散る量が天気予報で共に報じられるまでになりました。
人によりますが、花粉の季節が来る前に注射などを打って症状を抑制するような対策を予め行っている人もいます。

 

〇通年制アレルギー性鼻炎
花粉症になったかな?と思っていても、実際はアレルゲンが花粉とは異なるケースもあります。屋内外のダニ、ほこり、ちり、ペットの毛などに対してアレルギー症状が引き起こされる場合で、目のかゆみ、喘息、皮膚炎などが引き起こされる性質があります。
アレルギー症状は人それぞれなので、1年中何かしらの植物にアレルギー反応が出る人もいれば、このようなダニやほこりにアレルギー反応が出る人もおり、なかなか区別が困難とも言えます。
詳しく対策を行いたければ、病院でアレルギー検査を受診して、何に対してアレルギー反応を生じるのかを検査しておくと良いです。
それがわかれば、それに適した処置が出来ます。