花粉症のメカニズム

花粉症になってしまった人はとても多いですが、どうして花粉が人の体に対して反応してしまうのだろうと思いませんか?
花粉症のメカニズムについて、少しご説明します。

 

●アレルギーは体が拒否している証拠
花粉症は、花粉が体内に侵入したり体に着くことによって刺激物が体を攻撃しているのだと思いがちです。

 

ですが、花粉そのものが悪いというわけではなく、実際は体の免疫システムが花粉に必要以上に反応してしまうのがアレルギー症状の原因です。
花粉を異物と見解したリンパ球は、花粉を除去するためにIgE抗体という名前の物質を作ろうと働きます。体の中で抗体が作られると、その後に花粉が体内に入ってこようとする際に鼻や目の粘膜にある細胞に存在している抗体と結束します。
これによって細胞からヒスタミンなどの化学物質が生じ、花粉を体外に排出しようとするため、それがアレルギー症状として出てくるのです。
即ち、花粉を体外に排出する作用が働くため、くしゃみや鼻水が出るというわけです。

 

●花粉症になりやすい人・ならない人
花粉症になりやすいタイプの人は、花粉の量をたくさん吸ったか否かに関係するそうです。即ち、子供のころはなりにくい半面、大人は花粉症になりやすいと考えられています。
ある日突然花粉症になったと言う人も少なくはなく、自分は絶対に花粉症にはならないと言い切れないのが実際のところです。
花粉症とは縁がないと思わずに、もしかしたらいつかは自分も花粉症になるかもしれないと覚悟を持っているといいかもしれません。
実際に花粉症になってみると、症状が出るとどれだけ辛いかがよくわかります。防ぐことが重要なアレルギーなので、予め正確な知識で対策をしていれば、もしかかってしまったとしても症状が軽くて済むかもしれません。