花粉症対策サプリメント人気ランキング

花粉症にお悩みの方は、市販されている薬を飲んでいるようですが、本当のところ、効果はどうですか?

 

市販されている薬での花粉症対策は、実際それなりの効果は感じられるかも知れませんが、どうしても副作用の心配があります。私は、眠気を物凄く感じ、仕事に支障をきたすため、現在は飲むのを辞めました。

 

効果がある対策方法を模索中に見つけたのが、花粉症対策サプリです。花粉症に効果的なサプリには、アレルギー症状に働きかける有効成分が配合されていて、医薬品で心配な副作用を気にすることなく飲むことが可能です。

 

今まで私が飲んでみて良かった花粉症に効果的なサプリをご紹介いたします。

 

アレルケア

アレルケアは、しんどい花粉症の症状に働きかける即効性と体質改善を同時に行えるサプリメントです。

 

アレルギー物質に働きかけるL-92乳酸菌を含み、現在のしんどい症状に早く効き、花粉症に打ち勝つ体質を作ることが可能です。

 

L-92乳酸菌は普通に売られている乳製品からは摂ることが出来ないのです。

 

薬を飲まずに体質を改善したいなら、アレルケアがお勧めです。

 

きなり

きなりは、食生活が乱れがちの現代人に必要なDHA&EPAが配合されているサプリメントです。

 

DHA&EPAは特に青魚に豊富に含まれており、抗アレルギー作用があると考えられているため、花粉症などのアレルギー症状にお悩みの方には気になる話です。なかなか満足に摂れないDHA&EPAをきちんと補い、季節や環境の変化に打ち勝つ免疫力アップに効果が見込め舞うs。

 

きなりは、1日のDHA&EPAの摂取目標量のおよそ半分んを補える、高含有サプリメントです。花粉症のみならず、生活習慣病を予防するにも効果的ですよ。

 

サントリー甜茶400

サントリー甜茶400は、花粉が飛ぶ時期に適しているバラ科の甜茶エキスが含まれているサプリメントです。

 

甜茶は、中国は南部に生えている植物で、以前は持ち出しが禁止されるほど価値がある物とされていました。このような甜茶にはアレルギー症状に働きかけ、症状を軽くしてくれる見込みが持てます。

 

大手のサントリーから販売されているだけあり、サントリー独自の製法によって甜茶エキスのサプリメントが仕上がったのです。

 

花粉症には医薬品かサプリメントで、どちらがいいの?

花粉症は、ここ最近は病院で治療を行う方が増加傾向にある、重いアレルギーです。

 

シーズンが始まるより早くに注射などで対策をしている方、花粉シーズンの真っ最中に内服薬をもらう方もいます。

 

しかし、薬が効くか否かは人それぞれ違うので、受診したら花粉症が解消されると言うことではありません。どうしても対症療法でもあるため、原因その藻をなくすことが出来ないことも頭に入れておきましょう。

 

花粉症の治療法

病院で出される花粉症の薬では、抗ヒスタミン薬が主流です。飲み薬、点眼薬、点鼻薬などが処方され、花粉症の様々な症状に効果が期待できます。

 

また、ステロイド薬やメディエーター遊離抑制薬という薬を処方されることもあります。

 

医薬品はどうしても副作用がついているので、常に飲んでいると花粉症ではない別の症状が生じることもあります。薬を利用して症状を和らげるのと一緒に、生活習慣病や食生活を改め、掃除を定期的に行うなどの努力も必要になってきます。

 

花粉症対策サプリメントを飲む

花粉症の症状を和らげるもので、効果的な成分をサプリメント化したものが一般的に販売されています。種類は豊富にありますが、毎年効果的なあの成分!などと謳ってヒットしたりしていますよね。

 

ヨーグルトが効果的、甜茶がお勧めなど、体に負担のない成分で健康になれるのが理想です。医薬品がちょっと苦手と言う方、サプリメントはいかがでしょうか?

 

どちらにしても、栄養バランスが整った食事をし、きちんと睡眠をとって適度に体を動かすなどの生活をしていれば、体は自然と健康を維持するようになります。

 

サプリメントや医薬品に任せっきりにするのでなく、体の元から改めていきましょう。

 


花粉症対策

日本国内で一番多い花粉症のアレルゲンは、スギやヒノキです。

 

関東地方に2月頃から飛び始めるスギ花粉は、たいだい4月の終わりごろには少量になってきます。それと引き換えに飛び始めるのがヒノキの花粉です。

 

ヒノキの花粉はだいたい5月の終わり頃まで飛び続けるので、冬が終わりそうな頃から梅雨の頭あたりまでは花粉症の症状に頭を抱える人がほとんどです。

 

花粉の飛び散る量に症状の重さが関係する

花粉症のシーズンがスタートすると、たくさんの人がマスクなどを用いて対策を行います。ですが、症状の出方やどういった拍子に症状がスタートするかは、人によって異なります。2月より前から発症する人もおり、また反対に遅くなってから発症する人も居ます。

 

ですが、花粉の飛び散る量が多ければ多いほど、症状に悩まされる人は多くなります。

 

即ち、花粉が飛び散やすい日は、症状が出ている出ていないに関わらず、気をつけるに越したことはありません。

 

スギ花粉の他にも花粉症

スギやヒノキが飛び散るのは2月あたりから5月あたりと言われていますが、日本には花粉症のアレルゲンである植物が60種もあると考えられています。

 

ですので、一年を通して花粉症に頭を抱える人も居るのが事実です。一年を通して鼻がかゆかったり、春の花粉では症状が出ないが秋の花粉では症状が出ると言う人も居るのです。

 

他にも、花粉症かと思っていたら、花粉以外のアレルゲン反応を起こす事もあります。花粉のみならず、ダニ、ほこり、ペットの毛など、身の回りでアレルゲンとなるかもしれないものは多いのです。
症状が重く出るならば、早いうちに病院を受診すると良いでしょう。